総量規制対象外

総量規制対象外で借りるメリット・デメリット

キャッシングには総量規制という法律があります。
キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンで申込ができます。
総量規制は消費者金融、クレジット会社が対象になり、総量規制で制限を受けるのかによって、融資限度額や利用者などの制限を受けます。
銀行カードローンは総量規制の対象外になるので銀行カードローンのキャッシングは多くのメリットがあります。

 

「総量規制とは何?」

総量規制とは、貸金業法に加えられた法律で、消費者金融やクレジット会社がが融資をするときは、年収の3分の1をこえた貸付はしてはならないという法律で、2010年から完全施行となった法律です。
具体的には年収が450万円の人が、消費者金融やクレジット会社でキャッシングをするとき、融資限度額は3分の1以内となるので、最大でも150万円以上は借りられません。
また50万円をこえた借入希望額のときや、他社にも借り入れが有るときは、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえるときは、収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など)の提出を求めて年収を確認することが義務付けられています。

 

「総量規制対象外のメリット」

一方銀行は銀行法で事業をおこなっているので、貸金業法が適用されません。
銀行カードローンは年収制限による貸付には制限がないことから、銀行独自の審査基準で審査をおこなわれるので、場合によっては年収の3分の1をこえる融資が受けられます。

 

また、消費者金融やクレジット会社でのキャッシングは、年収がなければ申込がはできません。
そのためこれまで利用できていた無収入の専業主婦は、キャッシングが難しくなっています。
しかし、銀行カードローンは収入があるかないかでによって決まるわけではないので、収入のない専業主婦でも、ご主人に安定した収入があれば申込みができる銀行カードローンもあります。
また銀行カードローンには、それほど多くは借りられませんが、無収入の専業主婦でもキャッシングが始められる商品を揃えているカードローンもあます。
専業主婦がキャッシングができるのは銀行カードローンのみと言えます。

 

銀行カードローンは年収確認をしなければならないという規制はないので、銀行は収入証明書類音提出は独自基準で決めています。
銀行カードローンのホームページを見てもわかるように、収入証明書類が必要になるのは100万円、200万円、300万円まで不要といったカードローンもありますので、多くを借りたい場合でも本人確認書類だけを用意すれば申込ができます。
参照:カードローン比較完全マニュアル|失敗しないカードローンの選び方とは?

口座振替なら返済忘れが気にならない

銀行カードローンの返済方法は、ネットバンキングを利用た口座振込や、指定口座から自動引き落としをする方法、カードを使って提携ATMから返済する方法があります。
返済方法は利用者の環境がそれぞれに違うので、無理のない返済を続けるためにも自分の環境に合わせた返済方法をえらぶことが重要になります。

 

「口座振替なら返済日が気にならない」

口座振替(自動引き落とし)のメリットは、口座にお金を入れておけば返済日には自動的に引き落としされるので、支払日にATMに並ぶこともありません。
なによりも、返済期日が遅れると遅延損害金が発生しますし、遅延が度重なると信用情報機関の個人情報に利用履歴が記載されてしまいます。
こういったことを避けるためには口座振替が一番良い方法と言えます。

 

「口座振替で返済するには」

銀行カードローンの中には、借入や返済、口座振替をするための口座を作っておく必要がある場合や口座はどこにあってもよいというカードローンがあります。
たとえば、三井住友銀行カードローンやみずほ銀行カードローン、ジャパンネット銀行カードローンなどはその銀行に口座を持っている必要があります。
また、オリックス銀行カードローンや楽天銀行カードローンなどは一部の銀行をのぞいて、どこの口座でも申請すれば口座振替が利用できます。
口座振替をどこの銀行でもよいという場合、銀行によっては振込み手数料が一定回数は無料で利用できる銀行があるので、そういった銀行口座を利用すれば手数料が無料で振替ができます。

 

「口座振替はメリットばかりではない」

キャッシングは借入残高があっても、返済をすると借入残高が少なくなくなり、利用限度額までならいつでも借りられます。
銀行振り込みや、提携ATMからの返済はすぐに借入残高に反映されますが、口座振替で返済した場合、返済がすぐに反映しない場合があります。

 

口座振替は直接その銀行にお金を支払うのではなく、間に銀行が入ります。
そのため、振替でお金が入ったことを連絡するのに2,3日、長ければ1週間ほどたってその連絡がキャッシング会社に入ることがあります。

 

たとえば融資限度額が50万円あった場合に借入残高が30万円あると20万円はいつでも使えます。
口座振替で10万円返済すると利用限度額は30万円になります。
口座振替を済ませたあと、すぐに25万円の借入を申込んでも口座振替の返済が反映されていないので、20万円までしか借りられないという不都合が生じます。